teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


すーぱあ むううん

 投稿者:庵主  投稿日:2014年 8月12日(火)22時40分45秒
  やあ素晴らしい月が連日見られた。
雨の合間に、今宵はもう欠けはじめたが、それでも、それでも。

毎晩素晴らしい月で、雨に苦しんでおられる方々には申し訳ない。
一昨日から山籠もりして、テント泊の日々を過ごしている友人一家がうらやましい。
調子はどうだと尋ねようかと思ったが、携帯なぞ届かないところだった。
 
 

なつかしい本たち

 投稿者:庵主  投稿日:2014年 8月 8日(金)00時39分25秒
  梅雨空のように うっとおしく頭を覆っていた、お役人問題がようやく終結、
午後の役所廻りが終わったのちは倒れるように爆睡、ふと目を覚ますと、7時。!
朝だ、朝だ、お仕事だと、起き上がってみれば夕方だ。
しまった寝過したと思うか、なんだまだ12時間もある。と得した気分になるか。
後者にした。

役所の帰りに立ち寄った本屋で。
アエラ下さい。ジプリの特集号。はあアエラ?、ジプリ?
よくこれで書店員が勤まるなと  がっかり。でも期待した以上の号だった。
編集長役を担ったP鈴木さん。彼の趣味と方向性と、ナマの仕事。それらが絡み合っていた。
なかでも彼の4000冊のうち232冊を紹介してあったが、私の趣味と重なる重なる。
ああやぱり同い年。懐かしい本、みんなから忘れられかけて本、それらが並んでいた。
しみじみと読んできた越し方を振り返った。
ただ、物語世界は方向性がちょっと違う。彼はつい映画化できるかどうかを考えてチョイスしてきたようだ。
 

流れ者、、、そしてお盆休み

 投稿者:庵主  投稿日:2014年 8月 3日(日)21時00分56秒
  温泉から15分のモチーフを描きだして、数週。
なかなか形の細部が定まらない。
我がクラスの尊敬する姉御どのは、今にも動きだそうだと褒めてくださるが、
自分では不満、頭に描くものと、手が作るものが全然一致しない。

壁に突き当たっていたら、今日の日曜美術館は、ヴァロッソン。初めてお目にかかるが、100年近く前に、こんな突き抜けた人がいたとは知らなかった。

お盆休みは三菱の美術館行きが決まった。

こうやってどんどん山から離れてゆくのかと、ちょっと淋しくもあるが、
やっぱりヴァロッソンの不思議な魅力には、抗しがたい。

コラムに すまけい
を登場させようとして 浮遊する日本人のモチーフを得た。

彼の先祖は「すま」なら神戸だろう。その彼が北方の島で生まれ、根室に疎開。
そして大学は当地を選んだ。昨年亡くなってしまったので、この方向性は説明してもらえないのが残念だが。当地から北方4島へのルートがあったから、その逆ルートで来たのではと想像。

東京での演劇人としても浮遊していたが、こちらは専門家に任せるとして、なんか面白そう。
 

次の日曜も温泉に

 投稿者:庵主  投稿日:2014年 7月24日(木)18時34分12秒
  同業者のお葬式に出席してきました。それほど深い付き合いではなかったのですが、
立場上、列席する葬儀は増えました。
私より10歳以上若い方で、残された連れ合いのご挨拶が涙を誘いました。

ついこの間合った同級生が、次はいつ逢えるのか保証はない。ひょっとしたらこれが最後かも知れないから今日が貴重だよと語っていたのが、真実味を覚えます。
先週に行った温泉に次の日曜も出かけようと決めました。
絵の方向性を、はっきり確定しようと思って。
やっぱり、現場に立つのが一番でしょうから。
そしたらまた俳優さんに遭えるかも。
女湯には行けないので、男優しか遭えるチャンスがないのが残念とずいぶん贅沢なことを思っています。
 

(無題)

 投稿者:庵主  投稿日:2014年 7月24日(木)18時33分6秒
  同業者のお葬式に出席してきました。それほど深い付き合いではなかったのですが、
立場上、列席する葬儀は増えました。
私より10歳以上若い方で、残された連れ合いのご挨拶が涙を誘いました。

ついこの間合った同級生が、次はいつ逢えるのか保証はない。ひょっとしたらこれが最後かも知れないから今日が貴重だよと語っていたのが、真実味を覚えます。
先週に行った温泉に次の日曜も出かけようと決めました。
絵の方向性を、はっきり確定しようと思って。
やっぱり、現場に立つのが一番でしょうから。
そしたらまた俳優さんに遭えるかも。
女湯には行けないので、男優しか遭えるチャンスがないのが残念とずいぶん贅沢なことを思っています。
 

?は温泉

 投稿者:庵主  投稿日:2014年 7月23日(水)21時57分55秒
  昨日のメールを読み返してみたら、温泉マークで入力したつもりが、
?マークに換わっておりました。これではどんな変な場所と誤解されるやもしれません。
チェック行き届かず、失礼しました。
俳優さんたちは、その温泉の近くに合宿のように住んでおられます。
小さな村なのでいつかはすれ違うと思っておりましたが、
意外と出歩かれないのか、何十年たって初めての遭遇です。

さてさて、某所から久しぶりに英語のメールがやってきました。
解読はともかく、返信に汗をかきました。
おっととと、あやうくスペルの間違いが何か所も。単純な単語なのに忘れてしまっています。
もう一度締め直さないと と反省です。
 

鋸・ノコギリ

 投稿者:庵主  投稿日:2014年 7月22日(火)23時08分43秒
  この数年モチーフにしている廃機械、たぶんノコギリではなかろうかと推測しておりましたが、本日断定して下さる人物があらわれた。「帯鋸・オビノコ」と呼ばれている機械で、どうやって動かすのかも、詳しく教えてくださった。
という事は、いまだに現役で働いているところもあるのだろう。いつか見学に行きたいものです。
一昨日は、スケッチの不備を埋めたくて、現地にキャンバスを持って出かけた。やっぱり現場が一番。いっきに筆が進んだ。
かえりに近くの?にいったら、となりに役者さんが、来月は見に行きますからと約束した。
東京時代から、数十年、舞台と客席の関係が、とうとう裸で並ぶところまで。犬も歩けば棒に当たると申しますが、いやはやオビノコに導かれて、あこがれの男優さんと、、、、、舞台を降りると、普通の人だった。。。。

 

‘‘新幹線

 投稿者:庵主  投稿日:2014年 7月16日(水)18時32分54秒
  来春の新幹線開業に合わせてこの地は動き出した。
私奴もクラス会の開催をしようと準備中ですが、この数週が佳境です。
あちこち駆け回って資料を集めたり、根回しをしたり。
そこでつい酒になり、二日酔いがずっと持越しです。
これではいかんと当分禁酒宣言をして、この夏を乗り切ろうと、、、
果たしてどうなることやら。いずれにしても新緑の美しさと、高く積もった雪の迫力を、クラスメートにと、、
それまでこの体を健康体でと、なんだか目標が下がったみたいですが、とりあえず雑用係としてみんなの喜ぶ姿を目標に頑張ろうと他の幹事とこれから打ち合わせです。
 

翻訳ばあさん

 投稿者:庵主  投稿日:2014年 7月11日(金)12時36分35秒
  前回書いた背中の曲がった老翻訳家婦人の映画のタイトルは、「ドストエフスキーと愛に生きる」でした。なかなか魅力的なお婆さんでした。
歴史というか、スターリンとヒットラーに翻弄された一生を、両国の懸け橋として生き、ドストエフスキーの紹介に人生の最後をかける。そんな話でした。
映画の最後に、編集者がどんどん細かくチェックしてくるのに対し、押し返し、自分の文を作ろうとしている姿にこころ動かされました。
私のコラムは昨日掲載されたのですが、担当編集者の手を入れたゲラに対して、彼女ほどには押し返していなかったと反省しているところです。
鼻をあげて全体像を把握すれば、彼の言い分と、私のぶんの間に正解があったのだなと、出来上がった紙面をみて、今頃になって納得しております。
ドスちゃんの翻訳家はなにも一人に絞ることはないと気付いた。小沼文彦と亀山郁夫の二人を並べて読めばと思っています。
最近の収穫は高見順。私の徒歩旅行と同じ行程の小説を発見した。
 

鼻をあげろ

 投稿者:庵主  投稿日:2014年 6月29日(日)23時10分44秒
  今日観に行った映画は、ドイツ在住のロシア語翻訳者の、背中の曲がったお婆さんのドキュメンタリー。
悲しいかな、昨週の疲れが出て、冒頭部分は睡魔に襲われたので、違うかも知れませんが、、、
キエフ生まれの彼女は、ドイツ軍のロシア侵攻に翻弄された。やがてスターリン軍の回復に、迫害を恐れ、後退するドイツ軍とともにドイツに行った。そこでもしかし敵国人なのだ。幾つかのドラマを経て、二つの言語をつなぐ人生が始まったようだ。
孫娘?と故郷キエフに列車旅行をして、キエフの女学生相手に特別授業?。
その中に、私の語学の先生は素晴らしかった。翻訳仕事は鼻を上げるのが大切だと教えてくれた、と。
ある新聞記者は誤解してそのまま記事にした。そして、鼻持ちならぬ高慢ちきな女との評がたった。
だが違う。先生の意味は、尺取虫のように文を追うな。鼻をあげ、文章全体を見て、それを内面化し、翻訳文を産み出せ、と。
翻訳に限らず、すべてのことに通じる言葉でしょう。
映画の最後は、老年の男性編集者とドストエフスキーの新訳に対し、一語、一句、一コンマをゆるがせにしない読み合わせをしている姿に感激した。
名文には、名編集者が影にいるものだとも納得。
感激の熱が冷めない間に。敬遠ぎみだったドストエフスキーに挑戦と、亀山郁夫訳を求めに書店に行ったが、亀山訳はなく、岩波にするかそれとも、、、悩んだ末に、Eテレの「100分DE名著」のテキストだけを買った。これだけで終わったら。元の木阿弥なので、誰の訳にするかは来週中に結論を出します。。。。
 

レンタル掲示板
/85