teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


今週末は社団戦2日目です(7/30)

 投稿者:秋山(平成元年入学)  投稿日:2017年 7月26日(水)18時53分52秒
返信・引用
  9時45分に第1試合開始(メンバー表交換は10分前)なので、
9時30分までに会場にお越しください。

昼食はお弁当の予約はしていませんので、第1試合後の休憩時間に、
各自調達でお願いします。

二部のチームは初日4連敗でしたので、何とか巻き返したいですね。
目安としては、無条件降格回避(3部との入替戦)には勝ち点6、
無条件残留(3部との入替戦なし)には勝ち点8が必要となります。
なので最低勝ち点2は挙げたいところ。

http://d.hatena.ne.jp/val_chan/

 
 

出欠確認

 投稿者:吉田俊哉  投稿日:2017年 7月23日(日)20時43分26秒
返信・引用
  今回も出席です。
土曜日、奇跡的に浅草の宿が取れましたが、同級生と新宿で呑みます。
呑み過ぎないように、みなさん、一緒に祈ってください。
 

出欠確認

 投稿者:清家(昭和59年入学)  投稿日:2017年 7月22日(土)17時17分34秒
返信・引用
   来週の職団戦も参加します。
 前回の3回戦は、はっきり1手勝ちの将棋を落として
不甲斐ない限りでした。反省して、出直します。
 今回も浅草泊まりですが、今年も花火大会と重なり
ました。
 花火好きのかみさんと一緒に上京します。
 

合掌

 投稿者:吉田俊哉  投稿日:2017年 7月 3日(月)10時59分37秒
返信・引用
  奇遇ですが、地元の新聞に執筆している観戦記の中で、穴熊戦法の解説に「大内流」の用語を
使い、先生に指導を受けたときの思い出話などを交えたばかりなのでした。

あと、補足しておきますが、塚田・富岡・鈴木少年等と「一緒に悪さをした」のではなく、
「悪さを教えた」もしくは「悪さをして見せた」のが正しいです。誤解なきように。
お別れ会には行く余裕がとれませんが、参列する方はよろしく。
 

大内延介九段 お別れの会(将棋連盟HPに掲示されていた情報)

 投稿者:秋山(平成元年入学)  投稿日:2017年 6月29日(木)22時16分23秒
返信・引用
  連盟のHPに載っていた情報です。ご存知の方もいるかと思いますが念のため。
詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.shogi.or.jp/news/2017/06/post_1557.html

7月17日(月) 17時から18時 場所は千駄ヶ谷の将棋会館

香典、供花、供物の儀は固辞されること、
上記のご都合のよい時間に平服にてお越し下さいとのこと、

の2点が書き添えられていました。
 

ご冥福をお祈りします

 投稿者:鈴木 明  投稿日:2017年 6月28日(水)08時59分23秒
返信・引用
  大内先生の訃報、残念です。
大学現役時代に一度だけ参加した夏合宿で、大内先生に2枚落ち、藤森(当時は中瀬)奈津子さんに平手でそれぞれ負かされました。
大内先生の二枚落ちは他面指しでしたが、2度も待ったをされたのをよく覚えています。
私が待ったをしたのではないですよ。
飛車を成れる所に回ったのに受けないので、何か罠があるのかと考え込んだ末に成り込むと、回ってきた大内先生が
「えっ、俺何指したっけ・・・そんなわけないだろ」
と言って、2手戻されました。
唖然としていると
「こんなので勝っても嫌だろ」と
2回もですよ。
今となっては良い思い出です。
合掌
 

ご冥福をお祈り申し上げます

 投稿者:古賀(平成8年卒)  投稿日:2017年 6月27日(火)20時18分17秒
返信・引用
  私が、小学生の時分、将棋まつりで、大内先生にサインをねだったところ、「誰にでもできて誰も極めていない将棋の途・・・」と揮毫して下さいました。サインペンでサインをねだるという、今思えば大変失礼な振る舞いでしたが、笑顔でサインをして下さったことが印象に残っています。
大内先生のご冥福をお祈り申し上げます。
 

大内先生のこと

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2017年 6月27日(火)17時55分45秒
返信・引用
  下の世代のために大内先生と中央大学将棋部の関りを記しておきます。大内先生が中央大学出身なのはご存知と思います。そして将棋部OBの五十嵐さんと懇意で、昭和52年ころから10年近く、山形県上山市の「葉山館」で開かれた夏合宿にいらしていただきました。当時は谷川浩司九段のお兄様俊昭さんがいたころの東京大学と合同合宿で、約1週間の間に全員と駒落ち・平手のご指導をいただきました。プロの平手指導など考えられなかった時代です。いまだと森内俊之九段とか平手と駒落ちの指導をしてくださる感じでしょうか。

また、一門の塚田泰明君、富岡英作君、鈴木大介君なども伴われたこともありました。それぞれの今の地位はみなさんお分かりと思いますが、すいぶんな悪さも一緒にやりました。後年話す機会があり、塚田九段の感想は「その節は富岡が失礼しました」。大人になった私は「君が主犯だろー」という言葉は心の中に呑み込みました。鈴木大介八段は「トーナメント表にガキって書かれていたことと、ボーリングに行くのに車のトランクで運ばれたことが印象に残っています」と。ちなみに塚田九段は少年B、富岡八段は少年Cという表記でした。あと足りないところがあったら吉田君が追記してくれるでしょう。

大内先生、お世話になりました。
 

ご冥福をお祈り申し上げます

 投稿者:瀬川 丈夫  投稿日:2017年 6月26日(月)20時14分36秒
返信・引用
  大内先生のご冥福をお祈り申し上げます。夏合宿での指導対局が思い出されます。葉山館での合宿は、とても楽しかったです。  

訃報 大内延介九段

 投稿者:秋山(平成元年入学)  投稿日:2017年 6月26日(月)19時08分15秒
返信・引用
  日本将棋連盟のHPに掲示されていました。ご冥福をお祈りします。

https://www.shogi.or.jp/news/2017/06/post_1557.html

私より上の世代の棋道会の先輩方は直接の交流もあったとお聞きしております。

自分が将棋覚えたてのころにNHK将棋講座の講師をされていて、
そこで学んだ矢倉中飛車を武器に初めての将棋大会(小学生名人戦)に出たことを、
思い出しました。

http://d.hatena.ne.jp/val_chan/

 

レンタル掲示板
/96