teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 知覧 中岳トレッキング最高でした。(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


第36回英彦山山開き

 投稿者:IT  投稿日:2018年 5月27日(日)19時34分37秒
返信・引用
  5/27 今日は山開きです。奉幣殿の神事で、一般・登山者代表の指名を受け、玉串奉奠し
安全登山を祈願しました。 この1年 安全で山を楽しみましょう。
1 奉幣殿にて  2 今年の記念タオル  3 見頃のヒコサンヒメシャラ
 
 

グループライン

 投稿者:内山憲一  投稿日:2018年 5月26日(土)08時19分10秒
返信・引用
  グループラインについて追加でお知らせします。

参加希望の方は次の手順でお願いします。
①LINEアプリをスマホ(ない方はタブレット、PC)にインストール
②電話番号またはIDで登録
③友だち追加の設定で、友だちへの追加を許可をOKにする
④内山へメールで参加の意向と電話番号またはIDを通知
⑤山楽会からグループ参加の招待が来るので、参加を許可する

試行の段階でどのような使い方ができるか分かりませんが、使い方次第で可能性は拡がっていくと思います。
スマホを使わない方を含めて、できるだけ多くの方々の参加をお願いします。
 

26日高隈山企画中止

 投稿者:UKR  投稿日:2018年 5月25日(金)07時52分7秒
返信・引用
  残念ながら明日は雨の予報のため企画を中止します。
また企画しますのでよろしくお願いします。
 

会員の皆さんへお願い

 投稿者:内山憲一  投稿日:2018年 5月22日(火)20時27分57秒
返信・引用
  会の活性化を図るため、従来のホームページ・掲示板に加えてラインも加えてはどうかと考え、試行することとします。

山楽会のライングループに参加しても良いと思われる方は、その旨を内山(ka32845@sd6.so-net.ne.jp)まで携帯電話番号を添えて電子メールでご連絡ください。スマホがなくてもPCでもアプリを入れることはできます。

なお最近ラインを乗っ取って、プリペイドカードを騙し取る手口の詐欺が流行っています。
スマホを乗っ取られないための対策は次のとおりだそうです。
ラインアプリを開く→その他→設定→アカウント→ログイン許可をOFFにする。
(犯人がパソコンからなりすましでログインできなくして、乗っ取りを防ぐ)

沢山の会員の皆さんのご協力をお願いします。
 

愛宕山周回

 投稿者:  投稿日:2018年 5月12日(土)22時52分56秒
返信・引用
  愛宕山参加の皆様おつかれさまでした!5月の爽やかな風を受けながら、藪漕ぎもなく快適な里山歩き4時間楽しむことができました。昔の名残りを感じさせる新留峠を通り幾多のアップダウンを繰り返し愛宕山山頂、リーダーのタッパーに入った夏ミカンの差入れは甘くて美味しかったです。山頂からは長尾山の後方にぼんやりと霧島連峰が見えました。エビネや山ツツジの花は終わっていました。
蒲生のそばも美味しかったです!!内山リーダー、企画ありがとうございました。
 

愛宕山周遊

 投稿者:タブちゃん  投稿日:2018年 5月12日(土)21時40分49秒
返信・引用
  内山塾長、参加者の皆様お疲れ様でした。お世話になりました。思っていたより涼しく、結構周りの花々、景色を鑑賞しながらの山行でした。内山塾長にはにいなそばから、お世話になり本当にありがとうございました。  

新留峠と愛宕山周回+α参加の皆さん、お疲れ様でした!

 投稿者:UKR  投稿日:2018年 5月12日(土)17時54分59秒
返信・引用
  爽やかな五月晴れの一日、山と蕎麦と温泉を存分に楽しむことができて良かったでした。
それにしても、さつま町の中岳や蒲生町の明石(あけし)、今日の愛宕山と面白い山は多いです。

そろそろ里山シーズンは寒くなってきてからとしますが、今日のような周回ルートを探して企画できたらと思っています。

①新留峠にて
②愛宕山山頂へ続く尾根
③山頂にて
 

企画&募集

 投稿者:まち  投稿日:2018年 5月 7日(月)20時57分39秒
返信・引用
  2018年7月21日(土)~7月27日(金)「北アルプス縦走」を募集いたします。
詳しくは企画予定表をご覧ください。

参加申し込み方法は
①参加する企画
②集合場所
③氏名
④携帯電話番号
⑤緊急連絡先
⑥保険の必要・不要(必要な場合、生年月日をご記入ください)
を記入して、左記申込みメールにて、お送りください。
 

佐賀・長崎の九州百名山5座巡り その1

 投稿者:Shimo  投稿日:2018年 5月 6日(日)20時16分20秒
返信・引用
  久々掲示板投稿のShimoでございます。
佐賀・長崎の九州百名山5座巡りに参加いただいた皆さん、三日間お疲れさまでした。
とにかく三日間の天気が最高だったのが何よりでした。
いつもの長文を書いているとまた賞味期限切れの投稿になりそうなので、Shimoネタも無視して軽くいってみます。決して自分自身のShimoネタを隠す意図はありません、念のため。


初日、長崎道の事故渋滞で黒髪山の登山口到着が11時過ぎになり、登山口で昼食を済ませ、青螺山からの周回は断念し、直接黒髪山へ。山頂ではかみほ夫妻からGW恒例のあくまきがふるまわれる。食べやすいようにそれぞれ小さなカップに小分けされている。いつもうれしい気づかいだ。
周回して下山途中、後黒髪山へ立ち寄ることにした。東峰、西峰まで巡ると道は先に続いている。地形図には少し下ったところから点線が書かれているので、戻るよりはそのまま降りたほうがよさそうだ。
途中までは赤テープを頼りに順調に下ったが、途中で途絶えてしまった。おまけに強烈なヘゴ(ウラジロシダ)藪に突入してしまった。地形図の点線は完全に廃道と化し、斜面も急過ぎて辿れそうになく、あきらめて傾斜の緩そうなコースをとり、何とか無事下山。
しかし、さすが山楽会メンバー、誰も文句の一つも口にせず、下山後は笑い飛ばしている。ただ心の中はどうだったかはわからない。
二日間の宿である、「鹿島市自然の館ひらたに」に向けカーナビを設定しスタート。ところが朝は避けて通った有田陶器市のど真ん中に突入してしまった。抜けたと思ったら次はご丁寧に波佐見の陶器市にまで突入。時間的余裕があれば見物もよかったが、残念ながら先を急がないと夕食に間に合わない。

何とかお風呂に入る時間もとれ、夕食にありつく。H坂氏のビールのピッチがバカ速い。
就寝時刻不明。

二日目、トンネルを抜けて黒木の登山口から経ヶ岳・多良岳を周回する。つげ尾の鞍部から経ヶ岳の登山道は数多くのシャクナゲが丁度見ごろを迎えており、花付きもよく、歓声が上がる。経ヶ岳山頂ではほら吹きの修行僧らしき男性に遭遇。ほら貝の演奏をお願いしたら快く演奏してくれた。金泉寺と多良岳の分岐にとっとこは待っておらず、多分金泉寺にいると思われたが、構わず多良岳山頂へ向かう。多良岳山頂からとっとこに電話して、5分で登ってくるよう指示。山頂から経験者2名を残し前岳(本多良)を目指している途中で追いついてきた。前岳山頂は大した展望もないが、途中の岩場の小ピークが絶景で、おまけに最近あんまりボケをかまさなくなったF1からこれまたGW恒例のゴールデンキウイの差し入れがあり、超絶のうまさに舌鼓を打っていたら結構時間を食ってしまった。その後金泉寺から黒木へ下山。9時間の山行になった。

この日も消灯時刻不明。

三日目、まずは郡岳へ。西登山口近くに車をデポし、南登山口から登る。山頂は大村湾方面にハウステンボスや長崎空港が見渡せる。
一旦町に降り、リンガーハットでランチタイム。虚空蔵山登山口へ移動。岩屋登山口に車をデポし、メインの木場登山口から登る。山頂へは家族連れコースと冒険コースがあるが、前日指を負傷した女王様は冒険コースの鎖場を回避し家族連れコースへ、Shimobeがエスコートし、残りは冒険コースへ。ここで冒険コースのリーダーを委託するが、とっとこ三男はとっくに先に向かっている。団体行動のできない奴だ。そこで選ばれたのが最近その体形から存在感急上昇中のF3ことF永姉。
家族連れコースから山頂に着いてみると誰もいない。なんととっとこより早く着いたようだ。しばらくしてとっとこ含め3人で最高の景色になかコーヒータイムしていると本体が到着。素晴らしい景観に歓声が上がる。

下山の岩屋登山口までは危険個所もなく、最後にはエビネ(植栽)の大群落を眺めながら無事全山日程を終えた。

嬉野市内に下り、公共のシーボルト温泉に着いたらまさかの駐車場待ち。嬉野温泉はここ以外はホテルのお風呂で千円するので、日帰り客はここに集中するようだ。時間がかかりそうだったので女王様はここでお別れ。

気持ちよく汗を流し、酒好きのメンバーはお土産の清酒を探しに酒屋へ。そして帰路に就くが、長崎道はまたもや事故渋滞&自然渋滞。待ち合わせ場所のえびのPAに着いたのは10時前だった。

今回のGW企画、女王様から企画を考えなさいという指示を受けてから悩んだ末の選択だったが、鹿児島・宮崎からは遠いため未登のメンバーが多く、何より三日間ほぼ快晴という最高の天気で皆さんが喜んでくれた、と思う。

最後に、寄る年波による体のガタで参加が叶わなくなったものの、いい宿を見つけてくれたK村姉、宿の手配一切を引き受けてくれたM迫姉に感謝。

写真は山頂集合写真のみです。花の写真等はFacebookの個人ページにup予定です。

黒髪山、経ヶ岳、前岳(本多良)
 

佐賀・長崎の九州百名山5座巡り その2

 投稿者:Shimo  投稿日:2018年 5月 6日(日)20時14分41秒
返信・引用
  多良岳、郡岳、虚空蔵山  

高千穂峰2

 投稿者:UKR  投稿日:2018年 5月 5日(土)19時47分3秒
返信・引用
  ④高千穂峰山頂のマイヅルソウ
⑤高千穂峰山頂部のコイワカガミ
⑥満開のノカイドウ
 

高千穂峰参加の皆さん、お疲れ様でした!

 投稿者:UKR  投稿日:2018年 5月 5日(土)19時40分37秒
返信・引用
  今日は諸事情を勘案して予定を変更し、高千穂河原から登り夢ヶ丘に下りました。

今回も予想しなかった花に出会えました。
鹿児島で出会える数少ない高山植物のマイヅルソウとコイワカガミです。

ミヤマキリシマも中腹では満開の株を多く見ることができました。
1週間後は満開のミヤマキリシマを満喫できるでしょう。

下山後えびの高原に回り、ノカイドウと硫黄山を見学しました。

①馬の背にて
②山頂にて
③えびの高原にて
 

連休企画参加の方へ

 投稿者:mae35  投稿日:2018年 5月 1日(火)16時14分55秒
返信・引用
  先般連絡しました連休企画のお弁当については5日は移動時間の都合でレストランに立ち寄ることになりましたので
4日のみのお弁当注文となりました。
尚、宿泊費は朝、夕食、アルコール込みで2泊分で12000円となります。
お弁当を注文された方(11名)は別に540円をご準備ください。
なるべく釣り銭の無いようご協力をお願い致します。
また交通費につきましては当日精算となりますので、宜しくお願い致します。
アルコール、おつまみ等の差入れは大歓迎です。(o^^o)
 

北アルプス縦走企画

 投稿者:UKR  投稿日:2018年 4月27日(金)20時52分24秒
返信・引用
  今年は7月21日から1週間程度で北アルプスの縦走を計画する予定です。
来月中旬までに計画を固めたいと考えています。
決まり次第UPしますので、乞うご期待。

「雲の平」と「お花畑」をテーマに登るつもりです。
都合のつく方は是非どうぞ。
 

連休企画のお弁当の件

 投稿者:mae35  投稿日:2018年 4月24日(火)22時50分53秒
返信・引用
  連休企画に参加の方で4日と5日のお弁当を希望される方は
こちらの掲示板か前迫までお知らせ下さい。
お弁当代は一つ540円になります。
注文は29日までにお願い致します。

私は残念ながら加齢による腰痛為に参加できなくなりました。(T . T)

http://www.city.saga-kashima.lg.jp/main/372.html

 

 ↓訂正

 投稿者:IT  投稿日:2018年 4月23日(月)10時44分23秒
返信・引用
  発見は、事故発生から 16日でした。  

久住遭難事故詳報

 投稿者:IT  投稿日:2018年 4月23日(月)10時40分35秒
返信・引用
  3月25日 久住山方面登山者(赤川登山口)、23時30分にホテルにキャンセルの
連絡後、行方不明の遭難発生。 28日警察、消防捜査打切り。4月10日ユースの
阿南氏が「自然を愛す会」「久留米山岳会」の有志等で捜索隊結成、行動される。
鹿児島・伊集院のKさ、大分のTさん等は毎日捜索結果 、4月15日10時30分。
発生から10日後の発見。 無事遺族に引き渡すことが出来ました。
皆さんの山を愛する情熱と努力。 阿南さんの提唱される「共生・共育」に頭が
下がります。  最後に「日帰り山行きでも、ライトは必携です」、ベテランでも
馴染みの山でも、熱体温疲労による道迷いに、十分留意し安全登山に努めたいものです。
 

スマン峠~小箆柄岳~大篦柄岳

 投稿者:やどろく  投稿日:2018年 4月23日(月)10時16分40秒
返信・引用
  アケボノツツジ 想定外!!!

雨雲や雲がよくかかる大篦柄岳、しかしこの日は絶好の天気。
訓練目的で参加していたために、花は小花程度しか期待していませんでした。
しかし、なんと林道から見上げる山肌にはっきりと色づいた
アケボノツツジ。発見のリーダーの感動の声!!
メンバー一同、一気に活気づきました。

たくさんでした、見事でした。
高隈山系では、刀剣山でしか見たことがなかったので、
目を見はるばかりのあのほんのりとしとやかに咲くアケボノツツジに、
食後の胃袋の重さを忘れてしまった程でした。暑さとダレもだいぶ軽減。
大汗をかいたせいか、いつもの温泉の水、小さい方の二本の内一本は、
風呂上りとフェリーの中だけで一本空けまてしまって、
帰宅してからのせっかくのビールがまずかった。

翌日の日曜日には、長歩きの訓練にと、ビジターセンター企画の雄川渓谷周辺の
ウォーキングに参加しました。
この日は、フェリーでは心して水分を控えたため、ビールが美味かったです。

グッド・タイミングの企画と往復運転のリーダーはじめ、ご一緒の皆さん。
ありがとうございました。

 ①アケボノツツジの天井 ②花と横岳  ③アケボノツツジを堪能した小箆柄岳遠望
 

大箆柄岳

 投稿者:ori  投稿日:2018年 4月22日(日)12時04分10秒
返信・引用 編集済
  参加の皆様お疲れ様でした。
桜島の降灰対策グッズを持って行きましたが、何の影響もなく、山は新緑と花で輝いてました。
リーダーのコース変更により、林道からスマン峠、大箆柄岳、登山口となり降りた所に車があり、ほおっ!

林道の薄いピンクの小さなツツジの可愛かったこと。
斜面に点在するアケボノツツジの多さに期待が膨らみます。
間近に眺めるとつい大歓声! 登りのきつさもぶっ飛びました。

こんなにアケボノツツジが多かったのかと、嬉しい驚きでした。
内山リーダー ありがとうございました。
 

オオノガラ岳・コノガラ岳3

 投稿者:UKR  投稿日:2018年 4月22日(日)09時41分38秒
返信・引用
  林道脇に咲いていた白くて可愛いツツジは、サクラツツジだと思います。
高知・鹿児島・沖縄・台湾に生息する亜熱帯のツツジだそうです。
 

レンタル掲示板
/364