teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/848 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

翻訳ばあさん

 投稿者:庵主  投稿日:2014年 7月11日(金)12時36分35秒
  通報
  前回書いた背中の曲がった老翻訳家婦人の映画のタイトルは、「ドストエフスキーと愛に生きる」でした。なかなか魅力的なお婆さんでした。
歴史というか、スターリンとヒットラーに翻弄された一生を、両国の懸け橋として生き、ドストエフスキーの紹介に人生の最後をかける。そんな話でした。
映画の最後に、編集者がどんどん細かくチェックしてくるのに対し、押し返し、自分の文を作ろうとしている姿にこころ動かされました。
私のコラムは昨日掲載されたのですが、担当編集者の手を入れたゲラに対して、彼女ほどには押し返していなかったと反省しているところです。
鼻をあげて全体像を把握すれば、彼の言い分と、私のぶんの間に正解があったのだなと、出来上がった紙面をみて、今頃になって納得しております。
ドスちゃんの翻訳家はなにも一人に絞ることはないと気付いた。小沼文彦と亀山郁夫の二人を並べて読めばと思っています。
最近の収穫は高見順。私の徒歩旅行と同じ行程の小説を発見した。
 
 
》記事一覧表示

新着順:9/848 《前のページ | 次のページ》
/848