teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


20210515熾浦和高砂歌会(浦和パルコ10F11会議室)の感想と一部紹介

 投稿者:村谷  投稿日:2021年 5月16日(日)10時12分59秒
返信・引用
  ***** 20210515熾浦和高砂歌会(浦和パルコ10F11会議室)の感想と一部紹介*****


【沖先生他の直しの助言(正確に聞き取れず)】

A)結句は7音で収める、名詞で終わらせない

B)名詞が多すぎるのは駄目

C)一首に、内容を詰め込みすぎるのは駄目。その場合、2首に分ける。




『田中邦衛はわれと同い年老衰で逝きし故に あやかりたし』



『田中邦衛88歳老衰で逝きたるという あやかりたかり




『逢へねども悪くはないワ来し方の「回想電話」三時間の幸』



『逢へねども悪くはないワ来し方の思い出話する三時間


おばちゃん軍団から、わたしも2時間、1時間、長電話自慢となり収集つかず・・

作者のYさん、小学の同級生で奈良在住の建築家と延々3時間もおもいで話に盛り上がったそです。

リア充でいいなと思いました。




『同窓会での安野先生の思い出は皆ほめられて天才にされた』



『同窓会での安野先生 皆ほめられ天才にされた思い出もあり


作者のYさん、三鷹の小学校時代、先日亡くなった、安野充雅画伯が美術教師だったとか。

褒め上手だったそうです。Yさん、天才と言われ喜んだら、皆、同じこと言われていたとか!




『もう四月時を得たりと咲くたんぽぽにそっと触れみる老齢のわれ』



感傷的だが、春の再生の様、いとしさが感じられてよい。直しなし。




『家族等の病の世話するヤングケアラー二十五人にひとりに驚き』



『ヤングケアラー中学で十七人にひとり隣の娘は大丈夫かな




『おちょやんのもんぺみたいなパンツはき孫出勤す三度目の春』



『おちょやんのもんぺみたいなパンツはき孫出勤す降っても晴れても


作者Kさんでなく、Yさんによると80代以後でないと、もんぺ、を履いた経験はないだろうとのこと。
また、数名から、おちょやんのもんぺは、中に着物を付けている前提だから問題ないが
現代の娘さんが、着物なしに履いたら、下着が、横から丸見えで、恥ずかしいとか!
もんぺみたいな最近のバルーンルック?のパンツは、もちろん、そこは修正されてるそです。

Yさん、おちょやんのモデルの 浪花千栄子 の昔のNHKラジオ 「お父さんはお人よし」が、好きだったそうです。



『連翹(れんぎょう)の咲く頃は何かが起こるのよ、亡き友の言いし言葉 身に近き』



『連翹(れんぎょう)の咲く頃は体調を崩すのよ亡き友の言いし言葉 身にしむ




『春風に向かって歩く帰り道シチューの材料一つこぼれる』



『春風に向かって歩く帰り道シチューのジャガイモ一つこぼれる』


具体的なほうが、わかりやすいそうです。




『東風吹きて雑草繁りし畑起こし兄弟揃って今年も家業』



『東風吹きて雑草繁る 畑起こ兄弟揃って今年もはげむ

名詞が多すぎ。結句は名詞で終わらせないほうがいいそうです。
 
 

オンライン

 投稿者:やつ  投稿日:2021年 5月 9日(日)14時43分51秒
返信・引用
  6月にお試しオンライン歌会を開催するみたいです。心配も含めてワクワク。カメラ映りは気にせず参加するつもりです。よろしく。  

誌上批評会

 投稿者:なな  投稿日:2021年 4月30日(金)22時42分54秒
返信・引用
  苦肉の策だった誌上批評会が思いがけず好評です そうですよね、参加できないかたでも批評に接することができて。たしかに対面する体温を感じることはないけれど この方が公平なのかもしれませんね。でも企画実行してくださった担当者に感謝!!ですね。ありがとうございました。  

熱海残念ですが

 投稿者:buce  投稿日:2021年 4月27日(火)22時29分29秒
返信・引用
  沖先生はじめ皆様、色々決断しなくてはならないことが多くてご心痛のことと思います。何もできませんがせめてお籠り生活の中、良い歌ができるよう精進したいと思います。

生まれてはじめて、歴史的なうねりの中に自分もいるのだという実感を味わっています。
 

事務連絡です

 投稿者:しげさん  投稿日:2021年 4月27日(火)15時26分21秒
返信・引用
  全国研究集会は、今年も「誌上大会」になりました。
参加(出席)申し込みをしてくださっていた人にはEメールやハガキでご連絡致しましたが、
はじめから「誌上参加」の予定の人と参加申し込みのない会員の皆様には、「熾6月号」での
お知らせになります。ご了承ください。

なお、
誌上大会になっても「互選大会」は実施します。参加申し込みをした方(誌上参加者を含む)は、5月号「全国大会詠草集」をよく読んで、必ず互選大会にご参加(投票)ください。
よろしくお願いいたします。
 

高砂歌会報告 読んでます

 投稿者:しげさん  投稿日:2021年 4月22日(木)16時40分16秒
返信・引用
  高砂歌会報告、楽しく読ませていただいています。
全く想像のつかない「上品なシニア美女」や、多分あの人だと思われる「80歳の
名誉法学教授」氏の話を愉しく読ませていただいております。
今月は、席の都合でしょうか、沖代表の「添削」が聞き取れていない場面が多くて、
少し残念でした。
「自由な歌いぶり」の高砂歌会の皆さんの歌と、対する沖代表の「添削」が
なかなかスリリングで、いつも楽しく読ませていただいております。
これからも、良いお席(代表の声の聞こえるところ)に陣取って、レポートよろしく
お願いします。
 

20210417熾浦和高砂歌会(浦和パルコ10F5会議室)の感想と一部紹介

 投稿者:村谷  投稿日:2021年 4月18日(日)17時52分49秒
返信・引用
  ***** 20210417熾浦和高砂歌会(浦和パルコ10F5会議室)の感想と一部紹介*****



『義父命日!末期病棟うめき声が悪夢でどよみ汗かき目覚める』



【沖先生他の直しの助言(正確に聞き取れず)】



うめき声 末期病棟が夢でどよみ汗かき覚める義父命日に

順番を入れ替えるべき。どよみ、も、簡単に、響きわたるに、直した方がいいそうです。



『春疾風《はるはやて》に立ち向かうごと出でくれば空まるごとが怒号あげおり』



【沖先生他の直しの助言(正確に聞き取れず)】



『春疾風《はるはやて》散歩に出れば風強く空まるごと怒号あげおり』


直しは、きちんと聞き取れず、不正確ですが、家の中で感じたのより出たら、すごかった状況がわかるほうがよいとか。作者のIさんによると、家の中で、既に、ヒューヒューと風の音がすごかったそうです。



『子も孫も男の子ばかりの我が家なりわたしのための雛を飾る』



【沖先生他の直しの助言】



これは、直しなし。よく纏まっているそうです。流石Yさん、ちょっと寂しそうですが。



『新聞に老衰のため死去の記事病死と違い何かほっとする』



【沖先生他の直しの助言】



『新聞に「老衰のため死去」の記事 病死にあらねば何かほっとす』


先生はじめ数名から発言が相次ぐ。新聞で訃報を知り対応することがあるので、
閲覧は欠かせない日課だとか。葬儀で喪主が奥様で独身でないと初めて知ったり、
もっと高齢の兄が喪主で長命の一族と知ったり、ハプニングもあるが、
病死の場合、治療での副作用の痛みがひどい場合があるので老衰死はほっとする、と、皆様のご意見でした。

なお、故小暮政次さん(「アララギ」から「短歌 21世紀」主催?)の話題が出ておりました。


https://blog.goo.ne.jp/oyuse13/e/64131ddde73e97e0262ec892c3fef1cd

https://kotobank.jp/word/%E5%B0%8F%E6%9A%AE%E6%94%BF%E6%AC%A1-1074608

http://tanka21.world.coocan.jp/



『春風に薄物スカート靡かせる女性の肩に新ごぼうが二本』



【沖先生他の直しの助言(正確に聞き取れず)】



『春風に薄物スカート靡かせる女性のかかえる新ごぼうかな』


女性陣から新ごぼうの素晴らしさ、柔らかい香りがよいなど、発言が延々続きました。小粋で洒落た女性が新ごぼうを抱えている落差がよいそうです。作者Hさん、自身が上品なシニア美女す。



『官僚制昔も今も人事権それをテコにし政権維持とは』



【沖先生他の直しの助言(正確に聞き取れず)】



安倍に菅昔も今も人事権のテコで維持する政権空し


作者のT名誉法学教授によると、官僚制の忖度問題は、奈良時代より顕著とのことですが、
先生ほか皆様の意見は、2014年に「内閣人事局」が創設されて以後の官僚による政治家への
忖度政治にしぼって扱うほうがわかりやすいとのこと。




『YOASOBIと髭男《ひげだん》の曲が心地よい六十過ぎても耳は青春』



【沖先生他の直しの助言】



直しなし。


皆様に絶賛されましたが、80歳の名誉法学教授T氏は、法学は専門だが、最近の邦楽はわからんと煙にまく?

髭男《ひげだん》を「ひげおとこ、ひげづらのバンドだっぺか?おらは、八代亜紀がいいんだが」と、福島弁で、まくしたて、爆笑でした。

受けを狙ったのではなく、本当に、知らなかったそうです。笑。

YOASOBIはユニット名でなく、曲名だと思ったとのこと。


対して、おばちゃん陣営は、YOASOBIと髭男を、よくご存じ、情報通で、畏れ入ったのであります。

m(_ _)m

作者のK先生、感性が若々しい、多彩な歌風で、今回も脱帽でした。

K先生によると、髭男の「Pretender」は詞も評価されているそうです。

「Pretender」歌詞
https://www.uta-net.com/song/266648/

Official髭男dism - Pretender[Official Video]
https://www.youtube.com/watch?v=TQ8WlA2GXbk


なお、おらは、個人的に、髭男では、以下が好きです。

Official髭男dism - SWEET TWEET[Official Video]
https://www.youtube.com/watch?v=qrtKLNTB71c

 

村谷さんさん ご苦労様です

 投稿者:しげさん  投稿日:2021年 4月15日(木)09時03分4秒
返信・引用
  村谷さん、ご苦労様でした。
流石です。
自分では手が出ないので尊敬の眼差し じーーーー (「尊敬の眼差し」の言語表現でした。)
これからも更新よろしくお願いします。
なお、しげさんは、編集長のような立派な経歴や肩書きの人ではないので、
「横町のしげさん」です。よろしくお願いします。
 

しげさんって、何者すか?

 投稿者:村谷  投稿日:2021年 4月13日(火)07時42分39秒
返信・引用
  熾4月号の福島泰樹さんへのインタビュー、斉藤編集長は、流石、上手いと感心。が、斉藤編集長は仕事柄プロなので、そのスキル納得!驚いたのは、5月号の、しげさん?(すみません、若輩者すが、呼ばせていただきます、お許しをm(_ _)m)の笹公人さんへのインタビューもすごいんです。制約された時間と紙面で、あれだけの内容を引き出している!!すごい技す。しげさんって、何者なのでしょうか?ひょっとして斉藤編集長と同様、お仕事で、編集に関わることをされた方なのでしょうか?短歌が巧なだけでなく雑誌づくりのセンスがあるのって、斉藤編集長、中井茂様、ただものじゃないす。低頭平伏っす。注)上記の笹さんインタビューHPはまだ工事中です。内容は読めます。m(_ _)m

https://okihome.web.fc2.com/sasa.html

 

新しいこと

 投稿者:なな  投稿日:2021年 4月12日(月)22時24分49秒
返信・引用
  村谷さん ご苦労様です 充実したホームページにしてくださいませ  

20210407神田、竹尾で「イラストレーションとデザインで詠む万葉集展」を 見てきました。

 投稿者:村谷  投稿日:2021年 4月11日(日)21時20分0秒
返信・引用
  20210407神田、竹尾で「イラストレーションとデザインで詠む万葉集展」を
見てきました。本も買いました。


https://www.takeo.co.jp/exhibition/mihoncho/detail/20210310.html



イラストが扱っていた短歌で気に入ったのは、以下。


大伴家持
「もののふの 八十乙女らが 汲みまがふ 寺井の上の 堅香子の花」

山部赤人
「み吉野の象山(きさやま)の際(ま)の木末(こぬれ)にはここだもさわく鳥の声かも」

大神朝臣
「仏造るま朱足らずは水溜まる池田の朝臣が鼻の上を掘れ」

上記解説:

http://blog2.hix05.com/2018/01/post-3598.html

https://www.takeo.co.jp/exhibition/mihoncho/detail/20210310.html

 

熾ホームページを移動中です、20210411

 投稿者:村谷  投稿日:2021年 4月11日(日)12時18分43秒
返信・引用
  毎度、村谷@熾浦和高砂歌会です。事情により、熾ホームページの移動作業中です。


新しいURL

https://okihome.web.fc2.com

なお、リンクの頁も追加更新中。

リンクの頁


ご自分や他の会員のHPやブログやfacebookなどのアドレスをご存じで、公開したい場合、先生、斉藤編集長などへ、何卒、ご連絡をお願い申し上げます。

m(_ _)m






https://okihome.web.fc2.com

 

見ましたよ

 投稿者:しげさん  投稿日:2021年 2月25日(木)09時40分32秒
返信・引用
  子ども短歌の映像見ましたよ
沖代表が
作品を読んで、作者名を読んで、評をすらすらと言っていました。
原稿作ったうえで、それを読んでたんですかね。
それとも別撮りしたんですかね。
ぶっつけ本番ではこうはうまくいかないだろうというぐらい、
すらすら話してます。
さすがに場数を踏んでるだけあるなーと感心しきりでした。
 

沖先生のYou Tube映像

 投稿者:buce  投稿日:2021年 2月16日(火)15時06分25秒
返信・引用
  さいたまこども短歌の表彰式のYou Tube映像です。先生は3分40秒くらいから登場されますよー

https://youtu.be/GwRQehrcUh8
 

中止は悲しい

 投稿者:なな  投稿日:2021年 2月14日(日)23時16分53秒
返信・引用
  何もかも中止ばかり、寂しいかぎりです。 オリンピックは開催するのでしょうか。開催になったらなったで心配です。外国の選手は、自分の事だけ考えればいいでしょうが、開催国となると、一般市民まで影響がありますからね。
はやく 少しでも日常が取り戻せるといいですが・・
 

合同批評会の中止について

 投稿者:しげさん  投稿日:2021年 2月11日(木)14時44分46秒
返信・引用
  2月23日、浦和コミュニティーセンターで開催予定でした「合同批評会」は中止になりました。(後日、「熾」誌上で開催します。)楽しみにしていた皆さん、残念ですがご理解いただきますようお願いします。
 

***** 20201219熾浦和高砂歌会(浦和パルコ10F11会議室)の一部、感想*****

 投稿者:村谷  投稿日:2020年12月20日(日)10時38分44秒
返信・引用 編集済
  ***** 20201219熾浦和高砂歌会(浦和パルコ10F11会議室)の一部、感想*****


毎度のお詫び:長すぎるのと、品位を汚すような内容があり、お許しください。

m(_ _)m







『笑うこと滅多にあらぬと電話にて一人居同志が互いに言えり』



【沖先生他の直しの助言】


先生、歌の技術的な問題はないけれど、内容が類型だと喝破!

互いに傷を舐め合っても、一時は癒されるが、歌自体の発展性に繋がらない。

少し、ひねり、違う展開を付加すればよい歌になる可能性ありとのことでした。

先生は、厳しいっす。強くボジティヴで、圧倒されました。




なお、作者のKさんに対し、Yさん曰く。

Kさん、「お仕事中悪いわね」と言いながら、こっちが仕事で多忙なのに、長電話してくる、切らないので、困るのよ。と。

普段、お洒落でクールな知的話題も豊富なKさん、知人に長電話して、精神衛生を保っていたのかと、当日欠席のKさんの欠席裁判になり、皆、爆笑でした!


また、80歳の元大学教授T氏、ワイフは、(T氏は妻をワイフと呼ばれます)毎日、知人に、どんどん、電話し、長電話を延々する、よく飽きずに女はな・・・と、論争に参戦。

T氏によると、女性は、話題がなくても?コミュ力があるので、3分の要件を30分以上、伸ばして電話できるのだとか!男は、空しい、と言われました。

が、沖先生によると、


T氏は男性にしては、お喋りで、コミュ力豊富なので、問題外とのこと!(3分の話題を30分話すのが、T氏本人!)また、皆様、爆笑でした。T氏、面目なし。


然しながら、一人暮らしの寂しさを、思い知りました。おら、今、還暦で、愚妻54歳ですが、男は早死になので、愚妻は、その後、どうするのかな、と、心をよぎりました。愚妻、メンタル不調かつ、無口なんです。







『幼な児が走りてすぐに転びたりさっと飛び立つ鳩はとハト』



【沖先生他の直しの助言】


『幼な児が走りはじめてすぐ転びさっと飛び立つ鳩の一群


「鳩はとハト」や「人人人」は、あまり、効果がない、とのことでした。







『鳴かぬより鳴けば秋らしがちゃがちゃのにぎわしを聴く庭の草叢』



【沖先生他の直しの助言】


『鳴かぬより鳴けば秋らしクツワシムシのにぎわしを聴く庭の草叢』


よく聞き取れず、不正確です。すみません。

ただ、「がちゃがちゃ」と「にぎわし」が重なる、だぶる要素があるので、クツワムシのほうが、いいかもと言われたような・・




作者のIさん、生物・昆虫観察が鋭いので有名。まだ自然が残る?郊外にお住まいとのことで、皆から、田舎者だから、いろいろ聞ける、観察できると、揶揄されてました!

例の深夜の天体観測?の折り、虫の音も庭からするのだとか。

鈴虫は、減ったが、


かんたん:カンタン(邯鄲)秋の鳴く虫
https://www.youtube.com/watch?v=gHLHrE3vhDg


金たたき:カネタタキ  鳴き声
https://www.youtube.com/watch?v=wdwxfvSO96c



は、まだ、多いそうです。







『ローマ字とカタカナ言葉連なりて辞書の頁を繰りて納得』



【沖先生他の直しの助言】


アルファベットとカタカナ言葉連なりて辞書の頁を繰りて納得ゆかず


よく聞き取れず、不正確です。すみません。




作者のYさんは、新聞を読むのに、日々、外来語カタカナ辞典?のお世話になるのだとか。

日本語で言えるのに、書けるのにと、特に、小池都知事のカタカナ・英語好きに、辟易だとか。

これには、沖先生も含めて、一同、大賛同!拍手喝采!


沖先生によると、明治の知識人は、和漢英の造詣が深く、英語を、もっと意味が正確高度で深い漢字に翻訳しているそうです。今の日本の知識人?インテリ?は日本語力も翻訳能力も退化し、英語など外来語をそのままカタカナにしたり、アルファベットで、ごまかすしかない模様です。

日本語力軽視?の風潮を嘆く声が多し。


なお、沖先生の最近の嘆きは以下。


老人体操の体験レッスンに行った。講師の医師?の先生の説明が、「百歳体操はロコモーテイブに・・」調で、なんじゃ、その意味は!って、怒り心頭だったそうです。

さらに、

手に重りをつけて、上げる運動を、何度もやらされるので、疑問に、思い問うたところ、

「車で駐車場を出る際、切符を、入れやすいように・・」

との配慮の運動なそうで、馬鹿馬鹿しかったそうです。笑。







『忘れてはならぬとしまったわが眼鏡記憶の糸を幾度も繰ぐる』



【沖先生他の直しの助言】


わが眼鏡忘れてはならぬとしまいしが記憶の糸を幾度も繰ぐる』


よく聞き取れず、不正確です。すみません。





Aさん、眼鏡を数種類使い分けているそうで、置いたところを失念し、しばしば、夫にも探すのを手伝ってもらうとか。







『自宅での看取りをすればよかったと後悔ばかりが残るコロナ禍』



【沖先生他の直しの助言】


作者のIさんの仕事は介護関係。家族の介護をする人や介護される方の歌は多いが、仕事で介護をする方の歌があまりないそうです。是非、赤裸々に、その辺の歌を作ってほしいとのことでした。





Iさんによると、コロナ禍もあるが、元々、ケアマネージャーや医師?が、家族の願いとは別に、生き死にの場を決めることになってしまうケースが多いのだとか。

自宅介護の爺さんに、医師が、うっかり「もう帰ってこれないからね」と言ったのが聞こえてしまい、
爺さん「行きたくない」と泣き出して、収拾がつかなくなったこともあったそうです。

他人事じゃない、重いです。







そのほか、

『飼い猫とテレビドラマを見続けるこたつが恋しい雨の一日』

『黒いマスク恰好いいとは思わない黒いTシャツ吾は着ない派』

『「この俺にコピー取れとは馬鹿にして」嘱託爺の驕りのつぶやき』

が、今回、気に入りました。




 

12月

 投稿者:やつ  投稿日:2020年12月 4日(金)21時18分37秒
返信・引用
  寒くなりましたね。家にいる時間が長くなり、今年は久しぶりにクリスマスツリーを出しました。机の上には、以前、田島さんにいただいた、クリスタル阿修羅があり、もちろん、お正月には〆飾り。初詣は寺か、神社か、それとも、出かけないか・・・雑多宗教イベントのみ寄せ集めです…な。  

20201121熾浦和高砂歌会(市民会館うらわ605)の一部、感想

 投稿者:村谷  投稿日:2020年11月23日(月)15時50分27秒
返信・引用
  ***** 20201121熾浦和高砂歌会(市民会館うらわ605)の一部、感想*****

毎度のお詫び:長すぎるのと、品位を汚すような内容があり、お許しください。

m(_ _)m







『今の世に8050が多いのは何が原因かしばし考える』



【沖先生他の直しの助言】

『今の世に8050が多いのは何が原因か考え続ける

8050問題
https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/96/




沖先生によると、額に汗して働くのが正しいと思うのは、昭和世代までで、今の若者は、批判的なそうです。要領が悪いととるそうです。さらに、「やばい」という言葉を若者は、すごいの変わりに、良い意味で使うことが多くなったなど、ニートに対する感じ方は、同様に、世代で、異なる面もあるそうです。







『再雇用拒否してTは起業とか!還暦一匹レールの向こうに』




【沖先生他の直しの助言】

『再雇用拒否してTは起業せり還暦一匹レールの向こうに』







『常々は口のうるさき娘なれど亡き父のために十五夜かざる』




【沖先生他の直しの助言】

『口うるさき娘なれど亡き父の代わりに十五夜飾りまかなう

注:この直し、記憶不正確です。こんな感じの直しだったような・・



この歌を詠まれたNさん、89歳の今も毎日、家族の炊事をされるそうです。

旦那様が元気な頃は二人で薄を刈って近所にも分けてお月見をされたそうです。

その後、家でお月見の行事をしなくなっていたのに、同居の娘さんが、今年、

花屋で薄を買って帰宅し、再開された由。娘さんにお父さんの心が伝わっていたんだと感動しました。







『ベガ・デネブ・アルタイルなどさがしいる瞬間もコロナひろがる』




【沖先生他の直しの助言】

『ベガ・デネブ・アルタイルなどさがしいるこの瞬間もコロナひろがる』



作者のIさんによると、夏の大三角形を夜空に探されたのだそうです。

娘さんに、小学生が授業で使うような正座早見表をアマゾンで買ってもらったそうです。

Iさんの亡くなった母も、晩年は、家族が寝た後、夜空で流れ星の流星群などを追っていたそうです。







『久しぶりに庭を歩めば秋がいて金木犀の香り吸い込む』




【沖先生他の直しの助言】

「秋がいて」の擬人法は問題なし。よいそうです。




熾浦和高砂歌会の会長Tさんの作ですが、肺の調子が悪いそうで、本日もお休みでした。

金木犀の香りを吸い込んだことが、印象に残ったのは病の関係もあるのでしょうか。

歩む広さのある庭があるのが羨ましいです。手入れが大変でしょうが。







『かえりみて安堵して息子は笑顔で出勤し行く』




【沖先生他の直しの助言】

すみません、直し、失念。



Aさんの作ですが、毎朝、孝行息子が、90歳になる旦那の様子を見るために立ち寄るそうです。

その際、息子さんの奥さんが作られたスープなども置いてゆくとか。

私は、Aさんに、あなたと息子が同じくらいの歳だと思うと、言われたのですが、

到底、Aさんの孝行息子さんの真似はできません。Aさん、幸せ者だと喝采をあびてました。






『デジタルに追いていけない人《やつ》は切ると宣言された時点で難民』




【沖先生他の直しの助言】

すみません、直し、失念。



知性派のKさんの作ですが、自分も全く、同感。いろんなものが新旧混在共存する世では駄目なのでしょうか。

沖先生は、流石、柔軟性があり、コロナ禍の中、歌人関係の会議もPCとZOOMで行っている由。

流石ですが、その先生も、そろそろ、きついと、おしゃってました。

私のお世話になっている会社でも若手は、デジタル好きで、紙が嫌いです。

労組のアンケートやビラまでスマホやPCで、閲覧・記入の時代になりました。

自分のような昭和の残滓には、げに、辛い世の中です。

m(_ _)m

 

高砂歌会は楽しいよ

 投稿者:なな  投稿日:2020年11月 2日(月)22時42分16秒
返信・引用
  自由にものの言える場所ってだんだんなくなる傾向にありますよね。世間も、年齢的にも。いつでも自由にいたいですよね。高砂歌会にお出かけください 男性陣の楽しい方が多いですよ。  

レンタル掲示板
/26