teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


(無題)

 投稿者:buce  投稿日:2018年12月12日(水)05時56分26秒
返信・引用
  創造的受容者、良い言葉ですね。あのバッハもメンデルスゾーンに見出されるまで、全く無名だったそうです。解釈、鑑賞も創造と言えるでしょうか。作者も知らなかった作品の深みが、読者によって発掘されることはありますね。私もぼーっと読ませていただいていたので、読み返してみます。

話は変わりますが、寺松さんのいらっしゃらない歌会は火が消えたようです。今月は是非あの元気なお声をお聞きしたいです。

http://。

 
 

(無題)

 投稿者:川の原  投稿日:2018年12月11日(火)19時20分3秒
返信・引用
  評論は、よく調べてあってすごいなあといつもぼうっとして読んでいました。
寺松さんの書き込みでああそういうことかとまた感心しています。
文学作品、芸術作品が後世に残っているのはその作品や作者についての優秀な「創造的受容者」がいたからだと以前に聞いたことがあります。受容者は鑑賞者と言い換えていいと思います。それを思い出しました。
 

晶子のこと

 投稿者:terra  投稿日:2018年12月10日(月)22時02分38秒
返信・引用
  大久保春乃さんの評論「與謝野晶子と高島屋「百選会」」が「熾」5,8月号に続いて、12月号に第3回が発表されました。詳しいことは割愛しますが、ていねいに原典にあたる緻密詳細な研究成果は今後の晶子研究に資する基本的な資料となるでしょう。とりわけ12月号のⅢでは、これまで「百選会」関連で発表された短歌は一首も歌集に掲載されていないという定説が誤りであることが記されています。このことは晶子研究者はもちろん晶子に関心を持つ多くの方々に周知されるべき重要な発見です。こう書いてくると、いかにも堅苦しい話のようですが、普通あまり目に触れることのない晶子の歌がたくさん紹介されており、ゆたかな感性による読みが添えられていて、晶子のマルチ人間ぶりを知るのに恰好の読みものでもあると思います。続く掲載が楽しみです。まだのかたはどうぞご一読を。
 

神戸・高知

 投稿者:なな  投稿日:2018年11月13日(火)00時11分15秒
返信・引用
  会員に遇えるのはうれしいことだなあと実感したこと。
神戸の会員も元気でした 広島の住田さん初めておめにかかって・・ 素敵な人でした
高知にもまわりましたが 元気でしたが やはり年齢を重ねていることはたしかですね。
これからも高知神戸行きたいと思っているので みんな元気でいてほしいと。
 

独り言

 投稿者:やつ  投稿日:2018年11月 7日(水)22時00分3秒
返信・引用
  冬といふもの流れつぐ深山川 飯田蛇笏
今日は立冬。はやいものです。埼玉は暖かかったですが、今から冬。俳句を読みはじめると、なかなか短歌に戻ってこれない、とおもいつつ、季節の変わり目には、俳句が読みたくなります。
 

あっと言う間に

 投稿者:なな  投稿日:2018年11月 6日(火)23時06分42秒
返信・引用
  すべてがあっと言う間にすぎてしまうので 何がなんだか分からない状態です。フェイスブックとやらに挑戦してますが これもどうも。 これから不慣れなことばかり。そのうち現金でお買い物もできなくなるというので あーあです。  

素敵なペン

 投稿者:buce  投稿日:2018年10月10日(水)21時51分38秒
返信・引用
  今日大会入賞記念の素敵なペンをいただきました。入賞していたことを知らなかったのでびっくり。ペンにはちゃんと名前まで入っていてとても嬉しいです。書き味も素晴らしい!しげさん、色々ご苦労様でした。改めてありがとうございました。  

(無題)

 投稿者:川の原  投稿日:2018年 9月28日(金)19時32分32秒
返信・引用
  金律様 是非とも頑張ってください。  

10月歌会に・・・・

 投稿者:金律  投稿日:2018年 9月25日(火)17時17分32秒
返信・引用
  桃ちゃんは予定どうり15日無事帰宅。家の被害なし。電話確認しました。
ところで、10月歌会。その日、市ヶ谷で1時までの講座を受け浦和まで行く。歌会を終え大宮5時22分の新幹線に乗る。と言う「時間の綱渡り」をするのが思案所です。
代表の「めったにないことなので」という甘い誘いに心が揺れます。
 

全国大会 お疲れ様

 投稿者:しげさん  投稿日:2018年 9月 5日(水)08時03分9秒
返信・引用
  全国大会 お疲れ様でした。
皆さん無事に帰れましたか?
いま、台風は北海道北部北見付近か、
桃ちゃんはまだ東京ですかね。北海道に帰ってたら大変なところでしょうが。
今年は参加者が少なかったのが残念でした・・・。
 

熱暑

 投稿者:なな  投稿日:2018年 8月26日(日)22時39分30秒
返信・引用
  暑い日が続いています。もうすぐ全国集会です。どんな会になるでしょうか。九十九里の海も楽しみにしています。なかなか思うようにはいかないことが多いですが、こつこつやるしかないでしょうね。暑さがいつまで続くのか、体力が続くか・・・  

terraさんへ

 投稿者:buce  投稿日:2018年 6月11日(月)16時30分36秒
返信・引用
  ご指摘ありがとうございます。私もこれでは分かりにくいのではと思いながら読んでいました。縦書きの注の付け方がとても難しく、原稿を書くときに苦労しました。ゲラの段階で読ませていただければ有難かったです。  

註記号のこと

 投稿者:terra  投稿日:2018年 6月11日(月)11時31分50秒
返信・引用
  6月号の増渕さんのカズオ・イシグロについての評論、たいへん論証が厳密ですし比較の事例もユニークで興味深く読ませていただきました。それはそうなのですが、実は読み始めに(1)(2)という記号がでてきます。どうみても箇条書きの数字ですから、文意が理解ができなくて戸惑ったあげく、これは註記号なのだと気付いて解決しました。迷った方も多かったのではないでしょうか。原稿がこんな書き方だったはずはないので印刷時の手違いだと思います。以前に歌の詞書が行末詰めだったこともあったりして、気になったので書いてしまいました。  

ギャー

 投稿者:  投稿日:2018年 6月10日(日)22時29分27秒
返信・引用
  buceさん、お疲れさまです~
私はGは絶対ムリです~@@
 

クスサン2

 投稿者:  投稿日:2018年 6月10日(日)22時27分58秒
返信・引用
  川の原さん、ありがとうございます。
クスサンは顔を見るとわんこのようで、超ラブリーな蛾です(*´▽`*)
毛虫も、青い気門が宝石のようで、水色の長い毛が猫柳のようで、本当に綺麗です。
でも、いっぱいいるとさすがに怖いですね…8cmぐらいのデカい毛虫ですので(笑)
 

(無題)

 投稿者:川の原  投稿日:2018年 6月10日(日)12時46分30秒
返信・引用
  魔さん更新お疲れ様です。クスサンって初めて知りました。(蛾やんけ!)
初夏は生き物の活動の活発さが目立ちますね。buceさんチャバネゴキブリとの格闘お察しします。
水無月も十日、何とか良い月にならないかな
 

チャバネゴキブリ

 投稿者:buce  投稿日:2018年 6月 9日(土)22時29分39秒
返信・引用
  アマリリス、あちこちで見かけます。今がシーズンなのだと思っていましたが、、、我が家はなんとチャバネゴキブリという小さいゴキブリが大量発生しました。野菜を宅配で取り寄せているのですが、そのダンボールに付いてきたみたいです。何を見てもゴキブリに見えてしまい大変です。しばらく戦いが続きそうです。  

クスサン

 投稿者:  投稿日:2018年 6月 9日(土)21時40分46秒
返信・引用
  那須塩原の駅前の街路樹のトチノキに、クスサンの毛虫が大発生してしまいました。
とても綺麗な毛虫ですが、大量にいるとさすがに...@@
 

花から花へ

 投稿者:なな  投稿日:2018年 5月31日(木)11時03分18秒
返信・引用
  根津神社のつつじは終わっていました・・・でもでも花はつづきます。紫陽花その他、なんと今うちではアマリリスが咲いてます 季節を問いません うち流ですかね。真っ赤。これからも花は咲きます これからも花は咲きつづけます。なんてね。15周年過ぎてもまだ続くよ。  

吟行会について

 投稿者:しげさん  投稿日:2018年 4月18日(水)09時28分38秒
返信・引用
  昨日、ニュースで根津神社のつつじが見ごろになったというニュースをやってました。
平年は、ゴールデンウィークが見ごろだが、今年はピークをすぎてしまうとのことです。
吟行会まで、少しはもってくれるかの期待は、完全になくなったみたいです。
残念。
でも、長い鳥居のトンネルをくぐるだけでも、その価値ありだと思います。
ぜひ、今年も吟行会にご参加ください(詳しくは「熾」3月号を参照)
 

レンタル掲示板
/22